2人に1人は何かしらのアレルギー問題を
抱えていると言われています。

アレルギーの対象、反応方法も様々となりました。

 

20年ほど前から出始め増加の一途をたどっているのが
「果物アレルギー」

厚生労働省が実施したアレルギー原因食品調査によると、
20~40歳代において果物はアレルギー原因の第3位となっています。

 

 

 

 

 

 

アナフィラキシーなどの重篤なアレルギー症状まで
引き起こす可能性のある果物のアレルギー
学童期や中学生の時期から突然発症したという
ケースが多く報告されています。


花粉症
果物アレルギーの深い関係に
ついても指摘されています。

これは果物と花粉のたんぱく質組成が似ているためです。
花粉症の方は同時に果物アレルギーを持っていることが多いのです。

アレルギー対策、どうする?
反応が出る果物だけ避けて、他の果物をたべるようにする?

これでは根本的な解決とならず、むしろ偏った食べ方で
反応がなかった果物までも新たなアレルギー反応を引き起こす可能性も。

 

腸との関係

アレルギーは免疫反応です。
つまり、の環境と深く関係しています。

果物に対してアレルギー反応が起きる原因は
個人差はありますが、これまで食べてきた果物の
摂取量消化能力を超えてしまったことがあります。

日本の果物は昔に比べて甘くなっています。
改良が積み重なり、糖度表示も当たり前になっています。
果物に含まれる果糖は、体内で消化分解しきれず
腸内で発行し、腸内環境に悪影響を与えます。

 

 

 

 

 

その結果、果物アレルギーだけでなく
花粉症や便秘、下痢、風邪を引きやすいなど
腸がつかさどる免疫機能の低下を引き起こしてしまうのです。

 

『果物の食べ方』については、明日へ続きます
→ https://kasaneni-rythm.com/archives/937

Pocket