イライラ・冷え・むくみ・血行不良・不眠・
関節痛・食欲低下・食欲増進・多汗・ほてり・
のぼせ・疲労感・不安感・倦怠感・無気力・
物忘れ・乾燥肌
など

今までなかったような
症状がある日を境に
ちょっとずつ現れ
男性にはおろか
経験のないまわりの女性からも
全く理解されない、、

自分自身も戸惑う・・
とても悩ましいですね。

更年期は例外なく女性の誰もが通るみち。
経験しない人はいません。

ただ、程度の違いはあります。

どうやったら穏やかに
この時期を過ごせるのでしょう。

生活に支障をきたすほどの場合以外は
生活リズムと食・睡眠・運動のバランス
を整えることにより、よりおだやかに
過ごせます。

ホルモン=自律神経
乱れる時期と認識して、普段気に留める必要があります。

自律神経を整える柱となるのが
呼吸と睡眠。
どちらも深くゆったりと心地よく、、

日々やることに追われていると
なかなか難しいとは思います。

極端に陰性や陽性のものを食べ続けると
冷えや血行不良はさらに促進します。
ついイライラして甘いものを欲して
しまいがちですが
食べ過ぎはイライラを増やし、
肌アレ・乾燥をも加速させてしまいます。

この時期は無気力・やる気を失うというのが
意志とは無関係に生じるため
アレコレ言われても実現が難しいというのが
現実。

無理なものは無理。
さぼっている訳ではなく
気力が湧き出てこないのですから。

毎日のごはんはできれば作りたい。
そのような場面で役に立つのが
材料がすぐ手に入り
調理が手抜きのような簡単さで
作れる「重ね煮」

皮をむかず、アクもさらさず
キッチンも汚れがほとんどでないので
後片付けも楽

野菜クズの量はコレだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体が中庸に整い
なんといっても美味しい
自分も家族もよろこぶ
『重ね煮』

 

 

 

 

 

 

女性のやさしい味方
シンプルな健康料理なのです。

更年期を迎える前からはじめられたら
導入はよりスムーズに
そうでない人は今からでも、間に合う

バランスのよい中庸なもの
そして季節にあった旬のものをいただけると
体が喜び、自然に体を沿わせることができ
楽に生きることに繋がります。

 
 
 
 
Pocket