糖質オフダイエットをはじめ

発泡酒やスナック菓子など

糖質制限がされたものは

当たり前にみかけるようになりました。

 

 

糖質は本当に必要のないもの

なのでしょうか?

 

今は糖質を摂り過ぎているという問題は

確かに存在しています。

 

糖質の過剰摂取は、血糖値の急上昇急下降を

起し、血管が傷つきやすくなり、

膵臓へも負担がかかります。

 

でも、糖質は脳のエネルギー源

体温を保ってくれる大事な働きもあります。

 

糖質を厳しく制限するというダイエット法も

ありますが、頭がボーッとしてしまったり

体温が下がり風邪を引きやすくなる

というマイナス面も。

 

 

糖質の種類について正しく

知っておくと、ブレない食の

選択ができるのです。

 

 

血糖値の急上昇/急下降を引き起こすのは

砂糖果物に含まれる『単糖類』の糖質。

 

お米などの穀物豆類

含まれる糖質は『多糖類』

多糖類は体内でゆっくり消化されて

血糖値を徐々に上げてゆるやかに

維持してくれます。

(腹持ちがよいのはこのゆったりとした速度のため)

 

『秋は糖質を盛れ』と言われ

寒くなる時期にしっかり体を備えるための

先人の知恵なのです♪

Pocket