体験クラスにご参加いただいたY. T.さま
中学性・高校生のお子さんの素敵なお母さまです。

 

参加しようと思ったきっかけは?

  簡単においしくできるという重ね煮を体験してみたかった。

 

食について悩んでいること、気になることはありますか?

  ついついお菓子などを食べ過ぎてしまう。
     バランスよく食べたい。
     ジュース類をよく飲んでしまう。

 

体験クラスに参加され、印象に残ったことは?

  野菜のくずが少なかったこと。
   野菜の皮をむかないことに今までは抵抗がありましたが、
   必要不可欠だと納得し驚きました。

  

今後とりいれようと思ったことは?

  まずは朝のお味噌汁から取り組んでみようと思います。

 

講師の小泉久美子はどんな人?

  とても気さくで親しみやすい人

 

どんな人に勧めたいですか?

  ママ友や料理をするのがあまり得意ではない人

 

::::::::::::::::::::::::::

笑顔がとても素敵で、穏やかな佇まいのY. T.さん

お子さんは成長され、手がかからなくなりはじめました。
お仕事と家庭の両立、日々の疲れなどからついお菓子や
ジュースに手を伸ばしてしまう毎日。
これから迎えるご更年期にそなえ
ご自分の体調をしっかり整えたいとお申込みいただきました。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::

 

現在のところ特に不調などのお悩みはなく
お子さんたちを立派に育てあげ、これからの時間は
ご自分の体と健康に向き合い、更年期後もよいものに
したいとの想い、素直に素敵だと感じます。

 

甘いものをついたくさん食べてしまう。
砂糖をたっぷり含むお菓子やジュースは極陰性の性質があり
体を冷やします。急激に血糖値が上昇し、血管を傷つけることも。
考えられます。

 

すべてを厳しく制限するとむしろストレスになり
余計甘いものを欲したくなってしまう場合も。

もともとご家庭でパンなどは召し上がらないY.T.さん

まずは朝のごはんとお味噌汁を軸にすることから
始めたいとのこと。

欲するまま、目の前のたべものを口にし続けると
体の感覚は鈍感になり、ますます体に合わないものを
食べ続けても何とも思わなようになります。

中庸のお食事を心掛けると、体の声が聴ける日が来ます。
過剰に甘いものをたべたあと「もういいや、いらない」と
自らセーブできるようになる日がきっときます。

たのしみにですね!!

 

 

 

 

 

 

Pocket