念願の化粧品や健康器具を扱う会社に

入社し14年間勤めました。

入社後2年目に主人と結婚をしました。

 

化粧品輸入の部署から雑貨部門へ異動し

健康器具やのヨガシリーズを企画発売しました。

 

商品の発売直前や出張前後の仕事は

終わりがなく、パソコンの前で夜中まで

陣取り、腰を傷めてしまいました。

 

毎晩残業続きで、晩御飯は近所のホカ弁屋を。

夜中の12時ころ食べ崩れるように就寝、

という日々が何日も続きました。

 

身体を壊してから、健康のありがたみに

初めて気づき、ここから健康になりたい

という私の長い長い探求の旅がはじまりました。

 

多い時で週2回鍼を打ち、鍼の先生からは

厳しい食生活指導を受けました。

この頃ヨガを習いはじめ、自分の体と

向き合う事の大切を感じるようになりました。

 

海外の取引先とミーティングをすることも多く

海外出張も頻繁にあり、役員への通訳を

こなすうちに、同時通訳の勉強を始めたい

と思うようになり、3年間厳しい同時通訳の

特訓を受けしました。

 

特訓のストレスから頭痛に悩まされ

閉店直前のマッサージサロンへ

駆け込む日々を送りました。

 

以前のように再び体調を崩すのではないかと

不安がよぎったところ、主人の海外転勤が

決まり、自分の健康を見直すきっかけにも

なると思い14年勤続の会社を退社しました。

Pocket