3人兄弟の真ん中として
イギリスのロンドンで生まれました。

ベッドから降りようとした母は
毛布に足が引っ掛かけベッドから
転げ落ちてしまい、
私は予定より2カ月早く生まれました。

異国の土地で姉を小学校へ送り迎えをしたり、
通わせるのがかなり大変だったようで、
私と弟は近くに住む優しい老夫婦の
ベビーシッターさんとに面倒をみていただけました。

そのおかげで弟と私は自然と英語を聞き、
話せるようになりました。

 

 

3歳のとき日本に帰国し、
英語が通じないことがすぐさま苛立ちとなったそうです。

祖父母の家にしばらく滞在しましたが通じ合えない困惑の日々。

2週間、全く一言も発しなくなってしまった私を母は心配したそうです。
3週目から見事に日本語に切り替わり、
その後は一切英語を話さなくなったという話を聞きました。

 

幼稚園に通いはじめても年が近い弟と一緒に朝早く起き、
ウルトラマンをテレビでみたり、スーパーカー消しゴムで遊んだり
男の子の遊びをよくしていました。

 

小学一年生になったころは、弟を引き連れ、近所のお友達らと
夕方まで走り回り、毎日外で遊びほうけていました。

 

たまに姉と姉の友達のお仲間に入れてもらえたときは、
興味津々にすべてを真似して、自分もお姉さんグループに
入っている気分になっていました。

Pocket