14年間の会社員時代。
残業続きで帰宅は夜12時
ひどい冷え症と頭痛に悩んでいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平熱は35.2度
夏の冷房がとにかく恐怖でした。
 
レッグウォーマー
カイロ
カーディガン
お湯を入れた水筒
 
これらを必ず持ち歩き
冷房から逃げるようにしていました。
 
スタバが大流行だったころ
コーヒーを片手に持ち
颯爽と街を歩くことが憧れ
でもどうしてもコーヒーが
体質に合いませんでした。
 
頭痛と冷えがあまりに
ひどく、体を温めたい、、
でも、すぐ移動せねばならない、、
 
コンビニに駆け込み
カップ入りお味噌汁を購入。
レジでお湯を注ぎ、タオルでまわりを
包み隠し、まるでスタバのコーヒーを
飲んでいるかのように移動中に
飲んでしていました。
 
即席でしたが、このお味噌汁が
一番早く、そして持続的に温まる
効果的なことでした。
 
今だったらわかります。
なぜそんなに冷えていたか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冬でもかまわず一年中トマト、きゅうりなど
生野菜やスムージーを飲み
チョコレートやアイスを休憩には

必ず食べていました。

夏野菜や果物などが入ったスムージーは極陰性

精製されたされた白砂糖を含む
チョコレートやアイスも陰性。
気づかず食べていたものは
すべて体を冷やす陰性のものばかり。

常に仕事で疲れていたので
食事はほとんど外食。
朝ごはんはパン、チーズ
やシリアル。
 
今ならわかる。
あの頃の私に教えてあげたい。
 
朝のお味噌汁とごはんは
体を目覚めさせ、温め、
バランスを整えてくれるよ。
 
旬の野菜はおいしく、
その時期に必要な栄養を含み
自然に体を沿わせてくれ、
季節を楽にすごせるようになるよ。

やさしく重ね合わせるだけで
陰陽の調和がされた、おいしさに包まれるよ。

体が悲鳴をあげていることも

気づかない、、気づけなかったあのころ

 
特別なことなんてしなくても
普段の生活をちょっと見直し
習慣をシフトすればぐーんと変われる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今は平熱36.7度。
コロナ自粛で体力が落ちましたが
これからどんどんやりたいことを
実現していきます♫
Pocket