子供にもたせるお弁当

夫にもたせるお弁当

自分が持参するお弁当

この小さな箱に料理をつめる
コトがなぜにここまで大変に?

 

朝は時間との戦い。
確かに。やることが多く大変です。
それ以外にも何か理由は‥?

◉食べる本人に
「手抜き」と感じて欲しくない

◉まわりの人に手が込んでいて
スゴイと評価されたい

◉おかずの品数が多い方が
よいに決まっている

 

実はこれらはすべて私自身が
信じていたことです。
これを元に動いていました。
つい最近までのお話です。

 

目標設定がどこに向いているか
により、毎日のお弁当作りが
楽に無理なくできるか、
無理が生じるか。。

 

以前はお弁当作りを前に、朝から
疲れ果て、前日からも気が重く
なっていました(u_u)

 

お弁当は、家庭で食べる毎日の
お食事と同じであるのが自然です。

 

 

家庭料理とは

+身近に手に入るもの/旬のもので作り

+家族全員で食べられ

+家族の体調に合わせて調整し

+簡単であること

 

中には可愛いお弁当だと 
喜んで完食するお子さんも
いるかと思います。
我が家は不器用な母に
キャラ弁苦手な娘の組み合わせで
で助かりました..(o^^o)

一度だけおにぎりに海苔で顔を
作り、幼稚園に持たせました。
娘はおにぎりを一口も食べずに
帰宅しました。
顔があって食べられなかったと。
たとえ食べたとしても、長い時間
お米に細工をしていたから
表面はぱさぱさしていたかしら。

 

 

本質を見失っていた私にとって、
お弁当作りは億劫以外の何も
なかったです。

 

今はとても気が軽く、
日々の普段の食事の1つとして、
肩のチカラを抜いて、お弁当を
作れるようになりました。

Pocket